インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントとは、虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって、失ってしまった天然の歯を、補うための治療方法です。

これまで歯がないところは、ブリッジや義歯によって補うことが一般的でした。
また、清掃性が悪く、安定性が悪く噛み心地も天然の歯に比べると格段に落ちてしまう義歯は、いわゆる「歯をなくした代償」として使用されてきました。
入れ歯やブリッジに取って代わり、新しい治療方法として現れたのがインプラントという手法です。
インプラントは、人工の歯根を埋め込むことにより、違和感もなく自分の歯で噛んでいる感覚になり、残った健康な歯に負担をかけることもなくなりました。

現代のインプラントは大体がチタン製になっています。
なぜ、チタン製なのか?
チタン製のインプラントは骨との組織が結合しやすく直接密着し、安定しており実際の歯と遜色のない感触を得ることができるのです。

インプラントの構造

インプラントとは、歯がなくなってしまった部分に固定式の人工の歯根を埋め込む治療法をいいます。
歯は、歯根部、歯冠部の2つの部分から成り立っています。
そしてインプラントは、この歯の形を追従するように歯根部、支台部、人工歯の3つの構造体が合体して1つの人工の歯としての形を作っています。
インプラントにおける歯根部は、フィクスチャーともよばれます。フィクスチャーは、歯槽骨という顎の骨に直接埋没される部分で、おおよそ4mm程度の太さです。
本体の材質は体との親和性の高いチタンからできています。
埋没部の表面はミクロレベルの粗面になっていてスクリュー型やシリンダー型があり、骨の中で安定しやすいように作られています。さらに、表面をハイドロキシアパタイトという生体材料で覆うことで骨との生着性を向上させたものもあります。
これらは、歯槽骨のサイズや形、部位に合わせて太さや形状を選択して使用されます。
支台部は、アバットメントとよばれます。これは人工歯のコアになる部分で、フィクスチャーの上に取り付けられます。
アバットメントには、セメントで接着するタイプとスクリューで取り外しのできる可撤式のものがあります。
また、フィクスチャーの角度や歯の並びに応じて傾斜をつけたものもあり、実際の状態にもっとも適合したものを選択します。
材質はチタンが多いですが、人工歯の透過性や歯肉から金属色が透けるのを考慮した新しい材質のものも誕生し、審美性がさらに向上しています。
人工歯は上部構造体といわれ、実際の歯として見える部分にあたります。
一般的には、外から見える部分を丈夫で審美性も高いセラミックで作られることが多いです。
噛み合わせの強い奥歯などは、噛む面を金属で製作したり内面を金属にして表面をセラミックや陶器で覆う場合もあります。クラウンやブリッジなど様々な形状があり、また義歯を固定する支台として使われることもあります。
インプラント義歯の支台は、マグネットタイプ、バータイプ、アンカータイプなどがあり、もっとも適したものを装着してその上にオーバーデンチャーとよばれる義歯を被せるように固定します。
これは、少ないインプラント数で義歯をしっかり固定できるため、経済的にも効果的だといわれています。

入れ歯とインプラントの比較

入れ歯とインプラントの比較

インプラントは人工歯根です。
骨と金属を止める為、人体の一部となると言っても過言ではありません。
入れ歯だとどうしても毎日の洗浄など、変形等でいつも悩ませる事も多いかと思いますが、インプラントは一度治療をしまえば後は普通の歯と同じように、お手入れも歯磨き粉で磨くだけでOKです。

衛生面という所では、インプラントの方が更に上手を行きます。
入れ歯と歯茎の間に食べ物のかすが詰まってニオイが気になったり、それが元で噛み合わせがうまくいかず食べ物を噛めなくなったりすることも多いです。
長年のイライラの原因にもなる入れ歯のがたつきを解決しませんか?

インプラントはどなたにでもする事ができます。
高齢者の方でも安心して治療をお受けいただけます。
是非一度今後の人生の為にインプラント治療を考えてみてはいかがでしょうか。

ブリッジとインプラントの比較

ブリッジは、失われた歯の両側にある健康な歯を削り、そこに橋を架けるように人工歯をかぶせる方法です。このでは健康な歯の寿命を縮めることになり、その上歯が磨きにくくなり、口内環境は悪化してしまいます。

インプラントのメリット

1.噛み合わせが安定し続ける
2.残った歯が少なくても複数のインプラントを埋没することによって噛み合わせを自分の歯と同じ程度の回復が可能
3.違和感がなく、自分の歯と同程度の機能や白さを手に入れることができる
4.噛むことで骨が刺激され、吸収を防止することができる
5.医師の指導による手入れや、観察を続けることで長く使うことができる

 

噛み合わせとインプラント治療

噛み合わせを天然歯と同じように回復することは、全身の健康にも関わる重要な事とされています。
噛み合わせが原因となって全身に様々な症状が起こることが最近注目されており、「噛み合わせ症候群」といいます。

インプラントによって噛み合わせを回復することで、このような状態を解消することができます。
また、歯周病が引き金となって起こる心疾患や脳血管疾患、その他の全身疾患も予防することができるともいわれています。
このように、インプラント治療のメリットは口腔内だけに留まらないといえるでしょう。