インプラント補綴(口腔外科)

患者様の歯がほとんど失われている場合、
補綴物を被せたり、詰めたりする治療はできません
そのような場合は、インプラント治療を行い、
義歯を入れるという方法があります

インプラント補綴

審美性に優れているだけではなく、骨に義歯を埋め込むので、しっかりと固定されて違和感を感じることもありません。
前歯など見える部分の治療には、セラミック素材を使用します。そのため、天然歯に近い状態にすることができるので、見た目の違和感もなく、安心してお使いいただけるでしょう。

 

当院の院長は、インプラント治療において、数多くの症例を持ち、様々な状態にも対応してまいりました。

 

インプラント治療に不安をお持ちの方

他院でインプラント治療を断られた方

できるだけ負担を少なく、治療を終えたいとお考えの方などは、一度当院までご相談ください。

 

インプラント治療は、手術が必要な治療です。

患者様とのヒアリングを大切にして、治療の流れや方法をご納得いただけるまで説明させていただきます。

治療の流れ

 カウンセリング
当院では、患者様が「どのような状態になりたいのか」を大切にしています。

女性の審美に関する悩みは、まずは女性スタッフが話をお伺いできるような体制を整えておりますので、ご安心ください。

矢印

 

 診断
インプラントは、持病やお口の状態などによって行えない場合もあります。また、しっかりと検査や診断を行うことで、患者様に負担の少ない治療を受けていただくように意識して治療にあたります。ここで的確な診断をすることで、患者様に最適な治療方法のご提案ができるようになるので、重要な行程です。

矢印

 

 手術
歯の抜けた箇所に、インプラントを埋め込む手術を行います。その後、顎の骨にしっかり固定されるまで早くて3ヶ月程お待ちいただきます。

矢印

 

 支台の装着
歯をとりつけるための、アバットメントと呼ばれる支台を装着します。

矢印

 

❺ 義歯の装着
患者様に合わせて作った歯を、装着します。

矢印

 

 メンテナンス
治療後は、最初は3ヶ月、その後半年に一度はメンテナンスにご来院ください。また、ご自宅でも歯ブラシなど、クリーニングをしてお口の中を清潔に保っていただくことも重要になります。