増骨手術・歯肉整形手術

増骨手術とは・・

「顎の骨が薄いのでインプラントはできません」と、インプラント治療を断られたという声をよく聞きます。

歯が抜けると、顎への刺激が減るため、しだいに顎の骨が薄くなっていきます。
顎の骨にチタンの人工歯根を入れるインプラント治療には、ある程度の顎骨の厚さが必要です。
その為、インプラント治療ができないという場合も出てきます。

当院では、「増骨手術」と呼ばれる顎の骨を増やす治療を行っております。
その手術を行うことで顎の骨が薄い方でも受けられるインプラント治療を行っています。

GBR(骨再生誘導法)

歯のないところにインプラントを埋没するには、ある程度の歯槽骨とよばれる顎の骨の厚みが必要になります。
つまり、インプラントの本体であるフィクスチャーを埋めるために開ける穴の深さ以上の骨の厚みと、フィクスチャーの周りに1mm以上の厚みを確保する必要があります。
しかし、中にはインプラントを希望してもその厚みが不足しているために埋没の適用とならない人や、埋没の向きによって一部に厚みが足りない状態になる場合があります。
このような場合に、不足した部分の骨を再生させることで厚みを確保するのがGBR法とよばれる方法です。
GBR法には、インプラントと同時に行われるものと、インプラントを行う前に行われるものがあります。
インプラントと同時に行う方法は、歯槽骨の不足している量が少ない場合に行われます。
インプラントを埋没した際に、その一部がわずかに露出してしまうなどの骨の不足が見られることがあります。
この場合、メンブレンとよばれる人工の皮膜でその部分を覆います。この人工膜は、内側で骨が再生するのを促す作用があります。
人工膜で覆った上に歯肉を被せおよそ3~6ヵ月待つと膜の内側に新しい骨が再生し、フィクスチャーは安定します。
その後、上部構造体を被せます。
インプラント前に行う方法は、歯槽骨の不足が大きい場合に行われます。
歯根部であるインプラントのフィクスチャーは、本来の歯根同様に骨の中にしっかりと埋まっている必要があります。
しかし、大きく骨が不足している場合には埋没が困難なため、その部分に歯槽骨を移植して補充をします。
手順としては、口の中の特に支障のない部分から採取した歯槽骨を埋没予定部位の不足部分にチタンなどの生体安定性の高いピンで固定し、歯肉で覆います。
移植後4~8ヶ月で骨が固着したらピンを取り除き、インプラントの埋没を行います。
GBR法の確立によって、これまでインプラントが不可能とされてきた人たちにも、適用できる範囲がかなり広がったといえます。

歯肉整形手術とは・・・

歯周炎の進行が初期の段階であれば歯を抜かない治療として歯周炎の治療が可能となります。

その場合、歯を残した外科治療のひとつに「歯肉整形術」という治療があります。
歯肉が盛り上がっている際に施す予防の為の手術です。

歯肉炎や歯周炎の初期には歯肉が盛り上がってきますが、歯肉が盛り上がるということはこれから歯肉炎や歯周炎になる可能性があるという予告となるものなので、この時期に治療することが大切で、その事により歯を抜かずに済みます。

この手術は、時間も早く、数分から長くても数十分で終了します。

このように歯周炎の初期であれば簡単な外科手術を受けるだけで済みます。
歯肉に盛り上がりを感じたら早いうちに歯科医院に相談し、歯周炎がひどくならないうちに治療する事を心掛けましょう。