当院のインプラント治療

当院のインプラント治療が安心の理由

当院のインプラント治療は専門医によるカウンセリングを大切にしております。
一人ひとりに合わせた治療を施しております。

インプラント治療を始める前に・・・

インプラント(人工歯根)の治療は口の中の状態によって、進め方・方法が異なる場合があります。
治療が始まる前、治療中、終了後も担当医の指示を良く守りましょう。

インプラント治療の種類

インプラントの治療法には埋め込む状態やインプラントの種類により一回法と二回法があります。
当院では主に一回法での治療が中心となります。

一回法

インプラントを埋入し(手術)、骨との結合後、人工歯をかぶせます。

治療の流れ

1.レントゲンなどによる十分な診断を行って、治療の計画についての説明をします
2.歯の抜けた所へインプラントを植えたあと、顎の骨にしっかり固定されるまで3~6ヶ月待ちます
  当院ではほとんどのケースで上下顎共に3か月の方が多いです
  ※麻酔がきれた頃、多少痛みが出る事がありますが心配いりません
3.人工の歯を取り付ける支台(アバットメント)を装着します
   この支台が人工歯とインプラントをつなげる役目をします
4.インプラント治療完了後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行い、半年に一回は定期健診を受けてください
   尚、インプラント治療後にMRI撮影を受けて頂いても問題ありません

手術前のお願い

手術がスムーズ、しかも安心して受けられ、術後の痛みや腫れがなく、順調に経過するように次の事項をお守りください

1.前日は十分に睡眠・食事をとる

2.アルコールを取りすぎると、麻酔が効きにくくなります。

3.違和感がななく、自分の歯と同程度の機能や白さを手に入れることができる

手術後のお願い

1.帰宅後、患部を10分おきに軽く冷やしてください

2.激しい運動、入浴、飲食は避けてください

3.翌日は消毒のため、ご来院してください

4.当院では切開しないケースがほとんどですが、切開した場合は一週間後に抜歯いたします

食事の際のお願い

1.特に硬い食べ物、熱い物は避けてください

2,なるべく反対側でゆっくり食べてください

二回法

二回法とは・・

インプラントの根部分を埋入し(手術)、骨との結合後、歯肉を切開し(手術)人工歯との結合部分を取り付けます。定着後に人工歯をかぶせます。

治療の流れ

1.伝達麻酔や浸潤麻酔などの局所麻酔を施します
2.歯肉を切開し、歯槽骨にインプラントを埋没するための穴を開けます。この際、骨の状態や部位によってもっとも適切なサイズや形状のインプラント本体を選び、それにあわせて骨を専用の器具で切削して埋入します
3.埋没したインプラント体を覆うように歯肉を被せて縫合します
4.期間をおき骨とインプラントが結合したら、再び麻酔を行い歯肉を切開してインプラントの頭の部分を出し、支台部であるアバットメントの取り付けを行います
5.最終的な人工歯の取り付けを行います

2回法は、埋没したインプラントを外からの刺激や菌などから保護するために、歯肉の中に埋める方がよいという考え方の上に行われている治療方法です。
以前は、歯肉の外にインプラントの頭の部分を露出させておく1回法よりも成功率が高いとされてきましたが、現在では一回法も二回法も同じくらいの成果が上がっているといわれている為2度の外科処置を行う必要があるので患者さんの負担も大きくなるということで、現在は2回法で行われることは少なくなりました。